レーザー脱毛と光脱毛の違いについて

今回は、レーザー脱毛と光脱毛の違いについて説明します。

レーザー脱毛と光脱毛の違い

レーザー脱毛と光脱毛の違いは、照射する波長が違うことです。
レーザーは単一の波長で集中的に熱を集めるのに対し、光は複数の波長を含んだ光を広範囲に照射して行います。
レーザーは照射の威力が強いため、専門医しか扱えず、脱毛サロンでは受けれません。
光は出力を一定に制限しているため、誰でも扱えるのです。
そのため、レーザー脱毛はクリニック、医療機関で行われ、光脱毛は医療機関ではない、サロンでも行えるのです。
それでは、それぞれの特徴をこの後説明していきます。

レーザー脱毛

ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーを使い行う脱毛方法です。
レーザー脱毛では単一の波長のレーザーを使います。
光脱毛より出力が高いので、痛みを感じることがありますが、クリニックや医療機関では事前に麻酔クリームを塗るので、そこまで痛みは感じないです。
また、レーザー脱毛は光脱毛よりも効果が高く、脱毛サロンで行う光脱毛より、期間が短く済むというメリットがあります。
しかし、レーザー脱毛は効果が高いので脱毛サロンで行われる、光脱毛より若干値段が高いです。

光脱毛

IPL(インテンスパルスライト)などの機器を使い光を照射し、その光で毛根のメラニンを刺激し、脱毛を促すのです。
一般的に、光脱毛や、フラッシュライト脱毛と呼ばれます。
光脱毛は、レーザー脱毛に比べ出力が弱いので、肌への刺激が弱く、痛みも少ないです。
しかし、光脱毛は毛が生えてくる成長期にしか行えないので、2~3か月に1回程度施術を受けなければなりません。
これを、訳1~3年繰り返し、施術が完了するのです。
最後に、最近では市販の脱毛器として、レーザー脱毛、光脱毛ともに販売されています。
効果は誰が使っても安全に出力を落としてあるので、そこまで期待できないでしょう。
しっかりと専門のクリニックか、脱毛サロンに通いましょう。

ページ上に戻る